スポンサーサイト

  • 2009.05.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ブサイクな日々

    • 2009.03.09 Monday
    • 19:21
    ちょっぴり暖かくなってきましたね。
    桜が咲きかけてるのを見つけて、嬉しくなりました。

    ですが、今年は花粉症にやられています。
    鼻水ズルズルです。目がシパシパします。
    鼻をかみまくります。目をこすってしまいます。
    ファンデも、マスカラもグチャグチャです。

    ブサイク・・・。


    そんなブサイクな自分にめげず、昨日は京都に行ってました。
    京都造形芸術大学の『悳(←「しん」と読む)』という太鼓サークルの演奏を観に。
    実はワタクシこちらの卒業生でして、太鼓をはじめたのもココなのですよ。

    自分たちが大学生でメンバーだった時は、
    サークルの立ち上げ時で、人数も少なくて、
    みんなへたっぴーで、そのくせに目立ちたがりやで。

    それを思うと、今のメンバーはみんな上手で、
    大きなステージにも臆すること無く堂々としていて。
    毎年ながら感心してしまいます。


    さて、世の中にはたくさんの太鼓グループがありますが、
    学生のサークルって、やっぱり特殊です。
    真面目に学生していればかならず「卒業」がやってくるわけで。
    (きてくれないと太鼓やってる場合でもないしねー)

    じゃあ、卒業しても太鼓を続けたかったらどうする?となる。
    どこかグループに所属しようか、となる。

    そこがまた太鼓の難しいところで、
    演奏のスタイルはグループによって多種多様。
    良しとされていたことが、NGだったりなんてのはザラでして。
    リズムの捉え方まで違ったり、もっと細かく言えば、
    表現の仕方とか、伝統曲に対しての考え方とか。

    だからどんなにたくさん太鼓グループがあったって、
    別のグループで続けるって、簡単なことじゃありません。


    太鼓だけに言えることじゃないけど、
    それまでやってきたことも絶対に何かしら糧になっているはずだけど、
    それに縛られずに新しいことに触れて、
    自分を1回ぶち壊してみるってのもやっぱり必要。

    ワタシ、ぶち壊しましたよ。ってか、ぶち壊されました。
    そりゃもう、いろんなヒトに壊され壊され。
    その度に、自分が解放されて、また次に自分を壊してくれるヒトやコトに出会えて。
    おかげで、今も想像力をもって好きなコトを続けていられる。


    卒業しても太鼓、簡単じゃないし、太鼓だけが全てではないけど、
    やっぱり続けてくれる後輩が1人でも増えると単純に嬉しいなー、と思った1日でした。


    スポンサーサイト

    • 2009.05.25 Monday
    • 19:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お久しぶり☆
      私も娘を連れてシンのコンサート見にいってました。
      本当に上手だね( ´∀`)つ
      あの頃の自分が恥ずかしいぐらいに(; °Д°)
      そして太鼓続ける事、難しかった(´・ω・`)
      セツのファイトはステキだなぁ〜って思います・:*:・゚
      • まぁさ
      • 2009/03/13 11:09 PM
      > まぁさ

      なんや!会場にいたのね〜!
      あの頃の自分なんて思い出したら冷や汗でるよ…笑
      • 世津
      • 2009/03/16 5:46 PM
      コメントする








          

      selected entries

      recent comment

      profile

      PR

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM