スポンサーサイト

  • 2009.05.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    マリーアントワネット

    • 2007.03.11 Sunday
    • 16:08
    070311_1455~01.JPG

    これもちょっと前に見に行ったもの。
    なんだかワタシの周囲の人たちにはあまり評判が良くないのですが、個人的にはソコソコ楽しめる映画だったと・・・。

    現在で考えれば、まだ少女のうちに両親のもとを離れ、国を離れ、すべての持ち物を捨ててフランスに嫁いで、宮殿では四六時中とりまきに囲まれている息苦しい生活。
    夫であるルイ16世は、マリーに女性としての興味をもたないし。
    たまにくる母親(=オーストリア王妃)からの手紙は、「子供はまだかー!?」ばかり。
    愛してもらえないのも、親やお国の期待に応えられないのも、あたしのせい???

    余談ですが、確かコレを観た辺りだったよなぁ、
    「子を産む機械」発言・・・。

    そりゃ、ストレス溜まるに決まってる!
    やけ食い、買い物依存症、現実逃避、浮気・・・
    要はマリーアントワネットだりーがなんだろーが、1人の女性なわけです
    今やってるドラマ『今週妻が浮気します』にも通じますな。
    世の中の旦那様、そこのところのご配慮を!

    そんな1人の女性の女性の普通なストレス発散が、荘厳できらびやかな世界に描かれているのは、モノホンのヴェルサイユ宮殿での撮影と、衣装や小道具、美術のオトメゴコロをくすぐる華やかさでしょうか。

    現実的な切なさと夢のような甘い世界が味わえるところで、結構スキです。

    それにしても、主役のキルスティン・ダンスト、スパイダーマンよりずっとキレイでかわいいのは何故でしょね?

    スポンサーサイト

    • 2009.05.25 Monday
    • 16:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      profile

      PR

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM