スポンサーサイト

  • 2009.05.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    金属疲労

    • 2007.03.11 Sunday
    • 16:26


    『歓びを歌にのせて』という映画のDVDを、旦那ちゃんが借りてきました。

    別の部屋でパソコンしてたら泣きながらやってきて、
    「こんなに泣ける映画ははじめて」と鼻かみながら熱く語るもんだから
    そりゃ、ワタシの期待も否が応でも高まります。

    おハナシは、疲れた有名な指揮者が長年の無理で体を壊し、故郷に戻り、それぞれに悩みを抱えた人々との出逢いによって、自分が追い求めていた夢の音楽を実現することができた、というもの。 

    いやぁ、いいハナシですよ。
    合唱団のハーモニーもハナシが進むごとに素敵になってきます。
    本当に、本当にいい映画だったんですが…。

    あまりに「泣ける」と熱く前評判を聞かされたのが原因か、泣くことはできませんでした。決して“鉄の女”なワケではないんだけど・・・。

    教訓として、いいものを誰かに教える時は、期待を膨らませ過ぎない!・・・てことですかね。

    最近、同じようなテーマの小説を読みました。

    070311_1501~01.JPG

    喜多嶋隆の『君の愛が、僕に降りそそいだ』という本です。
    『歓びを〜』同様、日常の忙しさに少しずつ無理を重ね、心が金属疲労してしまったカメラマンのおハナシ。ちょっとセンチ過ぎる感じもしましたが、「最近疲れたな・・・」と思うアナタにはオススメ。

    先日TVで「うつ」の特集でもコメンテーターが言ってました。「休むという決断が大事」と。上の2つのおハナシもそういうことです。さらに言えば、自分の時間が過ごせる場所を見つける、ことと、自分をさらけ出せる人と過ごす、ことでしょうか。

    スポンサーサイト

    • 2009.05.25 Monday
    • 16:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      recent comment

      profile

      PR

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM